「不動産のご用聞き」とは?

ARM Plus 2014年3月25日ARM Plusの日記

ARM Plusを設立するときにキャッチフレーズを付けようと考えててふと思いついたのがこの言葉。

「不動産のセカンドオピニオン」とか「個人向けの不動産コンサルティング」って英語でカッコよく言っても何だかニュアンスが違うよね。(会社名はローマ字のくせに…)

日本語のほうが伝わりやすいよね。(じゃあ会社名も日本語にしろよ!)

年配者の方にもわかりやすくて親切だよね!(若い人は「ご用聞き」なんか知らないよ!!)

という感じ。

う~ん、伝えにくい…

……イマイチ、ピンとこない方の為にWikipediaで調べてみました。

 御用聞き(ごようきき)とは、

  1. 訪問販売の呼び方の一種。
  2. 江戸時代の特権的な御用商人豪農の格式のひとつ。類似の御用達よりも格下とされた。
  3. 江戸時代の警察機構の末端を担った岡っ引の異称。

う~ん…1でもないし、2とか3は全然ちがうやん!(もしかして、キャッチフレーズの意味間違ってる?…)

全く役に立ってないやん!!余計混乱するやん!!!

……失礼しました。取り乱しました。

 

ARM Plusがいう「不動産のご用聞き」とは、

不動産のことなら、何でも相談に乗ってくれて解決を手伝ってくれる。

必要なら、弁護士とか、司法書士とか紹介してくれてホント助かるわーって感じ。

日曜日の夕方に放送してる国民的アニメに出てくる「三河屋さん」みたいな存在。

「不動産のワンストップサービス」と言えばわかりやすいですか。(結局英語かよ!!!)

って、なんとなく伝わりましたでしょうか?

結局あんまりわからないなーって思われた方も、不動産でお悩みや不安があれば一度ご相談下さい。(そんなオチかよ!)

貴方のお悩みの解決にお手伝い出来れば幸いです。

 

こんな感じでゆる~くやって行きますが、宜しくお願い致します。

 

 

 

 


© 2014 - ARM Plus. All Rights Reserved.